毛が気になってダンスすらもまともにできないほどのムダ毛コンプレックス

私は、わき毛とすね毛がとても濃く、脱毛サロンやクリニックに通えなかった学生時代は恥ずかしい思いをたくさんしてきました。
中学生の頃、ダンスを習っており発表会や大会の際にはわきの見える衣装を着ることも多く、腕を上げれば太い毛を剃ったあとの黒いぶつぶつがはっきり残って見え、夕方にもなれば毛が生えてきてしまうほどでした。またすね毛も同じく剃ってもぶつぶつが見えますし何よりカミソリ負けをして赤くヒリヒリしていたことも多々ありました。なので本番なのに思いっきり踊れた記憶がなく、それが嫌でダンスをやめてしまうぐらい辛かったです。

さらに恥ずかしかったことは、中1のまだわき毛などが生えるようになりたてだった頃、毛の処理に関して無知で認識が甘かったため半袖でも袖があれば他人からわき毛は見えないと思っていました。母から剃ると濃くなるからなるべく剃るなとの忠告を受けていたこともありわき毛を剃らずに夏の制服を着て学校に通っていましたが、ある時休み時間に男友達から「わき毛生えてるの見えてるよ。」と指摘され1週間ぐらい学校を休むぐらい恥ずかしい思いをしました。
脱毛クリームやテープも試しましたがあまり期待したほどの効果はなく、この頃は、自分で脱毛サロンに行けるだけのお金もないですし、親の脱毛サロンに対しての偏見もあったので解決策もなく本当に苦労しました。

   

 - あるある!ムダ毛の苦労